RPA (Excel)機能について

RPA機能内にあるExcelアクション内の各コマンドを活用することでAI JIMY Paperbotで認識した結果をExcelに記入する処理を自動化することが可能です。

本機能を使用することで、業務の完全自動化を目指すことも可能です。

Excelを起動・終了する

このコマンドではExcelファイルパスを指定してExcelファイルを起動・終了・保存することが出来ます。

利用するxlsxファイル、またはxlsmファイルをフルパスで指定します。

終了時には、「保存しない」「保存する」「名前をつけて保存する」から保存方法を選択できます。

「名前をつけて保存する」を選択した場合は、保存する際のファイルパスを指定します。

また、Excelアクション内の各コマンド(セルの検索などの処理)は必ずExcelを起動するコマンドとExcelを終了するコマンドの間に設定する必要があります。

【注意事項】

・「Excelを起動する」は、ひとつのワークフロー内で1回だけ呼び出せます。

そのため、複数のExcelファイルを操作する際はアプリケーションを起動するアクションなどで別途処理を作成する必要があります。

・Excel(マイクロソフトがサポートしているバージョン)がインストールされていない環境では、利用することが出来ません

Excelシートを選択する

Excelのシート名を記載して、処理を実行するExcelシートを選択します。

原則、Excel処理を行う際には本コマンドは必須となります。

下図の場合ですと、Sheet2 のExcelシートを選択しています。

Excelセルを選択する

指定したセル番地のセルを選択することや、下に〇行分移動するなどの処理が出来ます。

①セルを指定する

セルを指定する際は、何列目・何行目かをそれぞれ指定します。

なお、指定する際はA1 A2のようなアルファベットを組み合わせた方法ではなく

2列目の1行目 のような形で指定します。

上図の例ですと、B5のセルを指定する際には 2 列目 5行目を指定します。

※列は1~16384、行は1~1048576の範囲で指定できます。

②セルを移動する

現在選択中のセルから、上下左右に指定した移動数だけセルを移動することも可能です。

上図の例ですと、下に4回移動する。という指定のため、現在選択中のセルから4行下に移動するということになります。

また、セルを移動するで「0」を選択した場合は空白セルまで移動します。

Excelセルを検索する

指定したシートから検索する文字を検索し、値が見つかった際には該当セルに移動します。

上図の例ですと、「氏名」という文字に完全一致した場合は該当セルに移動します。

検索は「完全一致」「部分一致」で指定することが出来ます。

なお、検索は最初に見つかった文字列が対象となります。

【注意事項】

①検索対象が見つからなかった場合

なお、見つからなかった場合は以下のエラーメッセージを表示し、シナリオを停止します。

②部分一致の注意点

部分一致で検索を行った際、先に合致したセルを選択します。

例:「合計金額」がA1のセル「金額」がB6に記載されていた際に「金額」を検索した場合

本コマンドで選択されるのはA1に記載されている「合計金額」となります。

Excelマクロを実行する

指定したマクロを実行します。

マクロ名は、動かすマクロ名だけではなく、必ずThisWorkbook.Main や Sheet1.Mainのように指定する必要があります。

【注意事項】

①マクロを起動できない場合

マクロが起動できない場合は上図のようなエラーメッセージが表示され、シナリオが停止します。

②マクロを実行する事前準備

マクロが無効になっているExcelファイルではセキュリティの警告が表示されます。

実行する際には必ず「コンテンツの有効化」を行う必要があります。

③「セルにフォーカスが入ったままになっている可能性があります…」が発生した場合

実行時に上図のようなダイアログが表示されることがなります。

ダイアログが発生する理由は、Excelに値をセットした際などにフォーカスが入ったままになっていることが原因です。

本事象を解決するためには、事前に以下のコマンドを設定してください。

・[認識結果を入力する]のENTERにチェックを入れる

・[キーを送信する]で{tab}や{enter}を送信する

上記のどちらかを設定することで、本事象を回避することが可能です。

Excel機能の各コマンドを使用することで下動画のような動作の実現が可能です。

Excelアクションを利用することで、業務自体を全自動することも可能です。

是非ご活用ください。

この記事はお役に立ちましたか?

関連する記事